衛生管理基準の強化による
新型コロナウイルス(COVID-19)対策について

私たちの取り組み

私たちの取り組み

1.検温の実施

ホテル入館口にサーモグラフィーを設置し、検温を実施します。37.5℃以上の発熱をされているお客さま、また、体調の優れないお客さまは、ホテルスタッフにお声がけください。

2.アルコール消毒液の設置

各フロアにおけるロビーやレストラン、宴会場、化粧室等に消毒液を設置します。ご協力をお願いいたします。

3.定期消毒の強化

ドアノブ、扉、エレベーター内のボタン、化粧室の扉等、お客さまが触れる機会の多い箇所のアルコール消毒を強化します。

4.従業員のマスク・フェイスガードの着用

スタッフは接客時にマスクを着用します。また、必要に応じて接客時にフェイスガードを着用します。

5.アクリル板の設置

飛沫感染防止を目的として、フロントカウンター、商談スペース、お会計窓口などに、アクリル板による仕切りを設置します。

6.エレベーターのご利用

エレベーターのご利用人数を制限させていただいております。また、ご利用待ちの列は、間隔を十分に開けてお並びいただいております。

7.適切な換気と保温管理

定期的にCO2濃度と湿度を計測します。また、感染防止対策として換気の頻度を高め、空気中のCO2濃度を抑制するとともに、必要に応じて加湿調整を行い、湿度を保ちます。

8.触媒搭載除菌脱臭機/低濃度オゾン発生器の導入

世界で初めて理化学研究所、日本大学医学部との共同により浮遊する。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化が認められたカルテック株式会社製の光触媒搭載の除菌脱臭機を導入いたします。併せて付着菌に有効性が高い低濃度オゾン発生器も導入し、コロナ感染リスクを極力低減した空間提供を目指します。

スタッフ一丸となって、

お客さまの快適で安心・安全な環境を提供します。